ヨークシャーテリアの特徴 歴史 毛色 育て方


ヨークシャ―テリアの販売情報はこちら

 

ヨークシャーテリアの特徴

愛称は「ヨーキー」
ヨークシャーテリアの特徴はなんといってもその長く美しい被毛にあるでしょう。その被毛の美しさから「動く宝石」と呼ばれ世界中の人気犬種となっています。

小型犬
体高(地面から肩まで)18~23cm
体重 2~4kg
小さいながらもバランスのとれた体格と活き活きとまなざしが印象的な犬種です。
被毛は長く、分け目は左右均等に鼻から尾先までまっすぐに伸びています。
頭部はやや小さく平らで、大きすぎないダークな目と小さくV字型で直立した耳をしています。尾は、以前は慣習的に断尾されて短尾でしたが、現在は断尾しない個体もいます。

ヨークシャーテリアの歴史

原産地:イギリス

現在の容姿からは想像もつきませんが、ヨークシャーテリアはイギリスヨークシャー地方でネズミ捕りのために作りだされた犬種です。「ブローク ンヘアードスコッチオアテリア」と命名されていましたが、長すぎるため1870年頃から、現在の「ヨークシャテリア」と呼ばれるようになりまし た。

ヨークシャーテリアは、ウォーターサイドテリアやクライデスデールテリア、ペイズリーテリア、さらに、スカイテリアやダンディディンモ ントテリア、マルチーズまでもを含めたさまざまなテリア種を、綿密な計画の元に交配して作られた犬種です。そのバラエティに富んだ祖先のために、時に大 きな個体が現れることもあります。

ヨークシャテリアは、当時、裕福な愛犬家にはあまり人気がありませんでしたが、やがてその被毛の美しさから、ショーや上流階級の人たちに絶大な人気を誇る愛玩犬となりました。
1880年年頃は、サイズが統一されず、5~6kg程の個体も多くいたようですが、イギリスやアメリカの愛犬家たちの賢明な努力と研究により、現在では、 チワワに次ぐ小型な犬種となり、また美しい被毛をもつ犬種となりました。現在では家庭犬愛玩犬として、とても人気があります。

ヨークシャーテリアの被毛と毛色

ヨークシャーテリアの被毛は、絹のような長く真っ直ぐな美しいフルコートです。家庭犬としては少々被毛の手入れが難しいため、短くカットしていることが多い。短くカットすることによりフルコートとは異なった愛らしさが表現されます。

カラーはダークスチールブルー。子犬の頃の毛色は、ブラックタンだが、成長につれダークスチールブルーやゴールド、シルバーなど毛色が変化することも愛犬家たちを魅了する一因でしょう。

ヨークシャーテリアの性格

ヨークシャーテリアはコンパクトで愛らしい容姿のため大人しい愛玩犬と思われがちですが、冒険好きで活動的な犬種です。テリア気質独特の良く動 き、探究心に富み、大胆頑固、そして警戒心が強く勇敢さがあります。その性格ゆえ、知らない犬などに攻撃的になったり、吠え癖をもつ犬も少なくはありませ ん。
頑固な面があるため、しつけなどはあまりしやすい方ではないかもしれませんが、根気と愛情をもってトレーニングを行うことにより、充分にカバーできると思います。忍耐力と利口さも兼ね備えていますので、飼い主のしつけ次第では心強いパートナーとなるでしょう。
甘えん坊な一面もあり、飼い主に対しては愛情深く、また警戒心と自衛心がありますので番犬としても適しているといえます。
その愛らしい容姿のため、甘やかしてしまうと大変な事になりますので、しっかりとしつけをしましょう。

ヨークシャーテリアの育て方

屋外飼育には適していません。室内飼育をおすすめします。

ヨークシャーテリアは強情で負けん気が強い性格のため、小さくてかわいいからとしつけをせずに甘やかしてしまうと、自分勝手な犬になってしまい大 変なことになります。しっかりとしつけをしましょう。室内でも活発に動き回るため、それだけでも十分運動になるとは思いますが、コミュニケーションやト レーニングを兼ねて室外で軽めの運動やゲーム遊びをしてあげるとより良いでしょう。

長く美しいシルクのような被毛ですが、もつれやすいので毎日しっかりブラッシングしてあげましょう。本来は、長く伸ばしフルコートに保ちますが、日々の手入れや被毛のもつれからくる問題などを考えると、短くカットするのもよいでしょう。

多くの小型犬に共通することですが、膝蓋骨脱臼、水頭症、糖尿病、気管虚脱が見られます。体が小さいため、特に子犬のころは低血糖症に気を付けましょう。また、比較的歯が弱いので、虫歯、歯周病など歯の健康管理に注意を払いましょう。

寒さに弱い犬種のため、寒い時期には保温対策をおすすめします。

活発度 しつけ
必要運動量 手入れ
人なつこさ 抜け毛
他の犬や動物に
対する友好度
番犬警護

*ヨークシャーテリアの特徴や性格については一般的なものをご紹介しています*
人の十人十色と同じく、犬にも個性があります