ハバニーズってどんな犬種 ハバニーズの性格


ハバニーズ子犬販売 ブリーダー
Havanese

ハバニーズは小さいながらも丈夫な体を持った、足の短い小型犬です。非常に快活に飛び跳ねるような足取りで歩きます。
性格は穏やかでありながら陽気であり、子供とはもちろんシニアの方とも上手に暮らしていける犬種です。
被毛は豊富で長く、柔らかくウェービーかかっています。黒いアーモンド形の瞳が愛らしいお顔をしています。

サイズ : 小型犬
体高  : 23~27cm
体重  : 3~6kg

活発度   しつけのしやすさ      
必要運動量 手入れ  
人なつこさ   抜け毛
他の犬や動物に
対する友好度
番犬

*ハバニーズの特徴や性格については一般的なものをご紹介しています*
人の十人十色と同じく、犬にも個性があります。


 

 ハバニーズの特徴

ハバニーズは小型犬でありながらしっかりとした骨格を持った犬種です。体高と体長の比率は3:4であり、少々胴長である。また足は短く、体高は21~27cmと低い。
長く豊富な被毛をもち、その被毛は柔らかく、少しウェービーである。

小型犬
体高(地面から肩まで) ・・・ 21cm ~ 27cm
体重・・・・・・ 3~6kg

頭部は程よく丸みを帯びており幅広い。アーモンド形の大きな黒い(濃いブラウン)目は、とても優しい表情をしている。
明るく陽気であり人懐こい性格でありながら、朗らかで大変魅力的である。

ハバニーズ ショーセット ハバニーズ

 

ハバニーズの歴史

原産地は地中海西端地域とされており、キューバで改良されたといわれている。
キューバの上流階級の愛玩犬として愛され、大きな人気を得たといわれている。
その後様々な歴史の影響を受けキューバ元来のハバニーズは絶滅したとされていたが、数頭がアメリカへと渡り、プードルや小型の他のビション犬種と交配され現在のハバニーズが誕生したとされている。
日本では頭数の少ない犬種である

 

ハバニーズの被毛と毛色

ハバニーズの被毛は長く柔らくウェービーである。アンダーコートがあまり発達していないため、他の犬種よりも被毛が落ちることが少ない。
ハバニーズの毛色はさまざまあり、様々なシェードのフォーン、ブラック、ハバナブラウン、タバコ、レディッシュブラウンなどがある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハバナブラウン ブラックアンドホワイト ブラックタン

 ※ハバニーズの毛色の変化

ハバニーズはカラーによっては子犬から成犬になる成長過程において毛色が変わっていく犬種です。

毛色の変化もハバニーズを育てる上の楽しみのひとつかもしれません。

写真はハバナブラウンのハバニーズが生後3ヶ月の頃

utapappy

 

ハバニーズの性格

陽気で明るく活発でありながら、人懐こく朗らかであり大変魅力的な犬種である。
愛情が深く、賢くトレーニングもしやすく、子供やシニア世代との生活にも適している。
小型犬の活発さは苦手であるが、抱えれるサイズの犬を探している家庭にはぴったりである

ハバニーズ paly

 

ハバニーズの育て方

被毛が長く柔らかいので、まめなブラッシングは必要となる。
本来トリミングをする犬種ではないが、シーズーやプードルのようなペットカットも可能である。
好奇心も高く、動くこと遊ぶことが好きなので、コミュニケーションをしっかりとりトレーニングを進めていくと良い。必要以上に吠えることもなく、非常に飼いやすい犬種といえる

 

ハバニーズの子犬を探す