マルルのつぶやきblog

子犬販売 優良ブリーダー直販のペットショップ マルル 三重県四日市市

”しつけ”という言葉

| blog, 犬との暮らし, 犬のしつけ

”犬のしつけ”という言葉はなんだか私の中でしっくりこない。

使ってはいるけれど。。。

それぞれのご家族にでそれぞれの暮らしがあり、暮らしが違えばゴールも異なってくる。

ようするに「犬とどのようにくらしたいか」ではないかと。。

a1220_000003

共に暮らしていくルールを犬に教えていくのだが、なかなか思い通りに行かないのが子犬育ての苦しさと楽しさだと思っている。

本やネットで検索した方法ではなかなかうまくいかない子も多い。

なぜなら、ご家族と子犬によってその方法は様々であるから。

1つの方法だけですべてのご家族と子犬の問題が解決するのであれば、それはとても恐ろしいこと。

 

いつもアドバイスさせて頂くのが、「”叱る”と”ほめる”ははっきりに」という言葉。

”叱る”があるから、”褒める”が効いてくる

”褒める”があるから”叱る”が効いてくる。

どちらも中途半端では犬には響かない。

(叱ると怒るは違いますよ!!)

ただ、この2つの強さの違い、特に”叱る”の強さはそれぞれ子犬の性格によって異なる。

おおらかな子、少し強気な子にはしっかりびっしり叱らないと、心に響かない。

反面、怖がりや繊細な子に関してはやりすぎては恐怖ばかりが心に残ってしまう。

その丁度いい具合というところがみんな違う。そしてそこがポイントなのではないかなと思う。

 

褒めるられることは、大体みんな好き。

大げさに褒めてあげるほどいい。この時に周りの視線を気にしてはダメ(笑)

周りが引くほど褒めてあげるべし。

 

そして、一方通行ではルールを教えるといことは成立しない。

互いに学びあうことでやっと形になる=教えたことができるようになる。

人はこちらから投げかけたひとつの事柄に関する反応を観察する。

犬は自分は反応したことに対する人の反応を観察する。

互いに観察し、学びあっている。

 

”しつけ”は、犬も人も互いに”学ぶ”という作業。

すぐにはできなくても、毎日続けることやアクセス方向を変えてみることなど試行錯誤を続けながらいつの間にかできていること、突然できることが多い。

忘れちゃいけないのが、”すぐにはできない”ってこと。

犬は必ず少しづつ整理しながら学んでいる。

だから、いたづらもする。

犬はいくつになっても”学ぶ”生き物。

 

”しつけ”は”学び”。

それは、犬だけではなく人も一緒に学ぶことではないかなぁ。



マルルのつぶやきblog 最新記事一覧

記事一覧

 

『犬との生活もよりよいものに』…をコンセプトに、販売するだけではなく、日々のケア、しつけなど多方面からお客様一人ひとりにあったアドバイスをさせて頂いております。
『犬と暮らしてよかった』とより多くの人に、より深く感じていただけるよう。そして、犬(動物)と人間の社会がもっともっとよくなりますように。。。


xv1raBqkijwlR5M1382758565_1382758691   u_us0la2C4iRJuN1382758828_1382759002
<子犬販売 優良ブリーダー直販ペットショップ マルル>
三重県四日市