マルルのつぶやきblog

子犬販売 優良ブリーダー直販のペットショップ マルル 三重県四日市市

子犬をブリーダーからお迎えするとなぜいいのか

| blog, 犬との暮らし

前回のブログ どっちがいいの?子犬から?里親犬? で、子犬からお迎えしていただく場合には

陳列型のペットショップ

ブリーダー

知人の愛犬の子犬 などがあると書きました。

 

ブリーダーからお迎え頂くのがなぜいいのか。

理由は沢山あります。

でも一番お迎え頂くご家族にとって大切な理由は何かと改めて考えてみました。

それは リスク です。

 

は??何のこと?ですよね(笑)

 

例えば、あるご家族にお迎え頂くトイプードルのAちゃん。

ペットショップからとブリーダーからを比べてみましょう。

tp

ペットショップの場合

まだまだお母さんや兄弟犬とのぬくもりが大好きなAちゃん。生後46日頃にはお母さん犬から離されます。その後流通ルートを経て、ペットショップに陳列されます。

ペットショップにたどり着くまでには、数々のストレスがあります。ペットショップについたらケージの中で一人で寝ることになります。

新しい家族が決まるまで、体の成長はもちろん精神的な成長にとても貴重な1日をケージの中で過ごすことになります。

 

では、ブリーダーの場合

だまだお母さんや兄弟犬とのぬくもりが大好きなAちゃん。生後46日頃にはお母さん犬と離れたりくっついたり。

兄弟犬や同じくらいの誕生日の子犬たちとじゃれあいながらお団子のようにくっついて寝ながら一日を過ごします。

離乳食もどんどん食べるようになり、ぐんぐん成長します。

ブリーダーも毎日子犬たちの成長と健康を確認しながらお世話をします。体も心も健康的に成長していきます。

koinu

生後46日以降の子犬たちは感受性という部分が成長しだす頃です。どんどん外界からの刺激を吸収し

多くのことを経験することで精神的な安定なども得ることができます。安心できるお母さん犬や兄弟、そしてブリーダーがいることが子犬にとってはとてもいいことです。

ペットショップからお迎えするのか ブリーダーからお迎えするのか、子犬をお迎え頂く時まで子犬が受けたストレスは大きく違いますよね。

リスクが大きいか少ないのか。一番簡単な違いは そこだと思うんです。

 

リスクの少ない子、加えて心も体も健康な子をお迎えいただける。

だから、ブリーダーから是非お迎えしていただきたい。

それがマルルの存在する理由です。



マルルのつぶやきblog 最新記事一覧

記事一覧

 

『犬との生活もよりよいものに』…をコンセプトに、販売するだけではなく、日々のケア、しつけなど多方面からお客様一人ひとりにあったアドバイスをさせて頂いております。
『犬と暮らしてよかった』とより多くの人に、より深く感じていただけるよう。そして、犬(動物)と人間の社会がもっともっとよくなりますように。。。


xv1raBqkijwlR5M1382758565_1382758691   u_us0la2C4iRJuN1382758828_1382759002
<子犬販売 優良ブリーダー直販ペットショップ マルル>
三重県四日市