ハバニーズ・ボストンテリア・シベリアンハスキー他ブリーダーの子犬販売・紹介【マルル】 > blog > 犬のしつけ > 犬に何かを教える時、犬にとっていいことである、ということが大切です

マルルのつぶやきblog

子犬販売 優良ブリーダー直販のペットショップ マルル 三重県四日市市

犬に何かを教える時、犬にとっていいことである、ということが大切です

| blog, 犬のしつけ

突然ですが、犬にとっていいことって何でしょう。

そして、私たちにとっていいことってなんでしょう。

 

犬にとっていいことと

私たち飼い主にとっていいことが違う場合

困った行動としてみてしまいます。

 

例えば、宅急便のお兄さんが ♪ピンポーン♪ とやってきました。

犬はガンガンに吠えます。

私たちからすればお兄さんは荷物の受け取りが終われば

「ありがとうございました~」と笑顔で帰っていきますが

犬目線では少し違います。

「ボク(ワタシ)が追い払ったのよ」となります。

これこそが、犬にとってのいいことです。

また、この時にお母さんが、「うるさいっ、静かにしなさいっ」と大きな声で怒っても鳴きやまない。

それは「お母さんも応援してくれてる~」←いいこと だからです。

 

また別の例えで、何かおもちゃにしてはいけないモノをくわえて遊んだ時。

何にしましょ。。。

あっ、スリッパなどは我が家もよくありました。

 

スリッパは私たちにとっては履くモノですが、

犬にとっては何なのかはわかりません。

たまたま「なんですか?これは?」とくわえてみたら、、、

なんと楽しい!!お母さんが追いかけっこして遊んでくれるではありませんか!!

キャー これってそんな風に遊ぶおもちゃなのね。なんていいこと。

でも、お母さん実は、、

「やめなさいっ!!」「返しなさいっ」「こら~、ダメでしょ」なんて一生懸命怒って取り合えそうとしています。

 

こんな風に犬たちは自由に(笑)いいことと現象を関連つけ学習しています。

では、私たちにとってのいいことを犬にとっていいこととして教えるにはどうしたらいいか。

もっといいことを教えてあげる。

 

例えば、♪ピンポーン♪とが来た時、お母さんのそばにいたら美味しいおやつがもらえるいいこと。

スリッパくわえてみたら、、、あれ?お母さん追いかけっこしてくれないや(←これは悪いこと)

呼ばれていってみたら、美味しいおやつもらえた~。なんていいこと。

段階的に徐々にいいことをがおこる現象を変えると、

♪ピンポーン♪と来客が来たら 指定の場所で待つということもできるようになります。

 

一度試してみてください。

食事の時間に 食器をもち「ごはんよ~」と声かけしながら

決めた場所(いつもと違う場所)でご飯をあげてください。

しばらくすると、食器を持つ&「ごはんよ~」の掛け声で決まった場所に行くようになると思います。

この時に、おすわりしたらご飯が食べれる とした場合、決まった場所でおすわりして待っているようになると思います。

(食に関してあまり興味がない子には効かない場合もあります)

 

一般的に犬にとって一番のいいこととは食だといわれていますが、

その状況によっては遊んであげることもいいこととなります。

犬にとってのいいことは、状況によって違いますので、

毎日の遊びのなかで いいこと を教えていくこともできますよ。

 

いいことはその子によっても違います。

好みのおやつが違うように、好みの遊びも違います。

愛犬のいいこと探しもまた楽しいものです。

しつけは 愛犬のいいこと探しからはじまるのかもしれませんね

 

 

犬を飼うということ。

それは楽しいだけでなく、手間もお金も時間もかかるということ。

でも犬からかえってくる愛情はとてもとても大きなものです。

犬を飼うということ。

とても素敵な事です。

でも責任のあることです。



マルルのつぶやきblog 最新記事一覧

記事一覧

 

『犬との生活もよりよいものに』…をコンセプトに、販売するだけではなく、日々のケア、しつけなど多方面からお客様一人ひとりにあったアドバイスをさせて頂いております。
『犬と暮らしてよかった』とより多くの人に、より深く感じていただけるよう。そして、犬(動物)と人間の社会がもっともっとよくなりますように。。。


xv1raBqkijwlR5M1382758565_1382758691   u_us0la2C4iRJuN1382758828_1382759002
<子犬販売 優良ブリーダー直販ペットショップ マルル>
三重県四日市