マルルのつぶやきblog

子犬販売 優良ブリーダー直販のペットショップ マルル 三重県四日市市

飼いやすい犬なんかいない

| blog, 犬との暮らし

以前のつぶやきで書きました。

『飼いやすい犬種なんていない』と。。。

ブラッシングとトリミング 2013年11月18日

 

えっ?どうゆーこと?

だってペットショップの店員さんもそーいうし、ネットで色々調べたら書いてあるでしょ?

って思いますよね。

 

でも、犬はみんな飼いにくいです。

だって、犬ですもの。人の世界の常識と犬の世界の常識は違います。

 

人の生活の中で犬と共に暮らそうと思ったら、パブリックルールやホームルールなどの守らなきゃいけないルール、、

いえいえ、犬に守ってもらわなきゃいけないルール=教えなきゃいけないルールが沢山あります。

それをひとつひとつ教えていくのが『しつけ』です。

それをうまく教えれなければ『飼いやすい』とはいえませんね。

問題が出てしまっては、飼いやすくないんです。

たとえそれが犬の常識であったとしてもです。

 

犬は被毛で覆われています。

プードルは毛が「抜けない」といわれていますが、違います。

ちゃんと抜けてますが、クルクルの毛で「落ちない」だけです。

毛が抜けない犬を。。と求めるのは間違っています。

ほおっておけば、毛玉になり、皮膚の状態が悪くなり、皮膚病になる。

そうなるとまた『飼いやすい』とはいえません。

被毛で覆われていますので、皮脂の分泌が人より多いです。

犬種によってはすごく多くい子もいます。

定期的にシャンプーが必要になります。そうでないと一緒に暮らすには『飼いやすくない』ですから。

 

それぞれの犬種に個性があり、良い所も悪い所もあります。

もちろん個体差もあります。

皮膚が弱いといわれている犬種であっても、生涯皮膚病には縁がない子もいるでしょう。

もしかしたら、その点をケアしながら暮らしてきた結果なのかもしれません。

犬種それぞれの良い所悪い所を色々踏まえた上で、家族に迎えてください。

 

我が家のバセットハウンド

 

『飼いやすい犬』ですよ~ なんてペットショップの店員さんに聞いたり

サイトや本でみたら、まず疑ってみてください。

そしてその犬種のルーツや求められてきた役割を調べてみてください。

そうすれば、きっとその犬種の特性が少し見えてくると思います。

見えてきたならば、家族に迎え入れた時に問題がでてきたら、しっかり対策が取れます。

 

犬を飼おうと思ったら、その犬種の特性はブリーダーに聞くのが一番ですね。

だって育てているのですもの。そしてよりよい個体を産ませようと勉強しています。

『より良い個体』なにか。。。これは次の機会に。

 

そして、犬は賢い生き物です。『おバカな犬はいない』んですよ~。

なぜか??

これもまた、次の機会に。。。

 

犬を飼うということ。

それは楽しいだけでなく、手間もお金も時間もかかるということ。

でも犬からかえってくる愛情はとてもとても大きなものです。

犬を飼うということ。

とても素敵な事です。

でも責任のあることです。



マルルのつぶやきblog 最新記事一覧

記事一覧

 

『犬との生活もよりよいものに』…をコンセプトに、販売するだけではなく、日々のケア、しつけなど多方面からお客様一人ひとりにあったアドバイスをさせて頂いております。
『犬と暮らしてよかった』とより多くの人に、より深く感じていただけるよう。そして、犬(動物)と人間の社会がもっともっとよくなりますように。。。


xv1raBqkijwlR5M1382758565_1382758691   u_us0la2C4iRJuN1382758828_1382759002
<子犬販売 優良ブリーダー直販ペットショップ マルル>
三重県四日市