マルルのつぶやきblog

子犬販売 優良ブリーダー直販のペットショップ マルル 三重県四日市市

愛犬のシニア期を迎えて思うこと

| blog, 愛犬のこと

我が家の愛犬たちは、12歳のチワワを筆頭に11歳のバセット、1歳のチワワ。そして最近6歳のプードルを里親として迎えました。

シニア期のチワワとバセットは顔も随分白くなり、目も白内障で見えづらい状態です。バセットは加えて耳も随分遠くなってきました。

我が家の愛犬たち

 

私が子供のころは犬は10年生きるといわれていましたが、最近は12~15年生きるといわれています。

獣医療も発達し、人間と同様 長生きできるようになりました。

 

家族である愛犬が長生きしてくれることは、とても嬉しいことです。

でも、昔に比べると必然的にシニア期になってから医療費がかかってくる可能性を示しています。

今後は老犬介護や老犬治療がもっともっと増えるでしょう。

 

シニア期に入った愛犬たちは、若犬の時とはまた違った表情や愛情表現をしてくれます。

長い年月の中でのお互いの絆が愛犬が何を想っているのかがわかるようになっていますし、おそらく愛犬の方もこちらのことは手に取るように分かっているでしょう。

昔の様にはきびきびと動けませんが、それがまた愛らしく思います。

 

時折 犬の十戒 を読み直します。

その時によって心にグッとくる項目が違います。

最後の一瞬まで。。。遠くあればいいと願い、同時にいつかはくるんだと思う今日この頃です。


 

子犬はいつかは老犬となります。

老犬となった子犬と、ご自身やご家族の未来を想像できますか。

未来を想い想像し、子犬を家族にお迎えください



マルルのつぶやきblog 最新記事一覧

記事一覧

 

『犬との生活もよりよいものに』…をコンセプトに、販売するだけではなく、日々のケア、しつけなど多方面からお客様一人ひとりにあったアドバイスをさせて頂いております。
『犬と暮らしてよかった』とより多くの人に、より深く感じていただけるよう。そして、犬(動物)と人間の社会がもっともっとよくなりますように。。。


xv1raBqkijwlR5M1382758565_1382758691   u_us0la2C4iRJuN1382758828_1382759002
<子犬販売 優良ブリーダー直販ペットショップ マルル>
三重県四日市